MIOXでウイルス対策!

マイオックスとは、塩と水を使い独自のの特殊電解セルにより数種類の酸化特性を持った物質が生成され混合された殺菌剤のことを指します。
一般的な殺菌剤である塩素ざいと異なり酸化剤混ぜることで殺菌作用を強くした状態を長続きさせるのが何よりの特徴です。
塩素剤と異なり、漂白作用が無く目的の効果のみを強くさせた物です。
その他殺菌剤として用いられるアルコール類とも異なり衣類の色落ちも落とします。
混合比率に注目して購入してください。

マイオックスとアルコール消毒の違いを解説!

マイオックスとアルコール消毒の違いを解説! 皆さんは、マイオックスという言葉を聞いたことががございますか?今回はこのマイオックスについて話して行こうと思います。
マイオックスとは、ミスト・オキシダント混合酸化剤一般をさしていう言葉です。
一般的に用いられるアルコール消毒・塩素系消毒との違いは、酸化剤の混合比率で目的の菌に対して特性性持たせた有効性を変えていけることが大きな違いです。
まず、一般的に両親媒性分子構造をもつアルコールは。
衣類の色も溶かしてしまうこともあり物によっては色落ちしてしますが、酸化剤に関しては縫合比率を変えることで色落ちさせないで、消毒できるのでコロナが流行り消毒に力を入れなと行けない今のご時世とても助かる消毒剤で自分自身安心して使える一品です。

マイオックスと次亜塩素酸水の違いについて

マイオックスと次亜塩素酸水の違いについて マイオックスは、次亜塩素酸水に取って代わるであろう新しい殺菌システムです。
それぞれどんな違いがあるのかを解説して行きます。
次亜塩素酸水は昔からプールや温浴施設の水の消毒・殺菌に使われている薬品で、プールの匂いといえばあの塩素特有のツーンとする匂いを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
また目に入ると痛みがあったり、肌が弱いと荒れてしまう人もいるかもしれません。
それに対してマイオックスは塩素を使用しません。
水と塩を電気分解することで生成される混合酸化剤で人体に対して優しい素材でありながらも、その効力はVXガスやサリンといった恐ろしい化学兵器物質をも分解するほどの驚異的なものです。
また塩素ガスの発生を大きく抑えることができるため、建物や設備の腐食を防ぐこともできますし、人にとっても建物にとっても安心安全の素材であるといえます。
マイオックスはこのようにプールや温浴施設・上下水道の水殺菌に使用されているほか、生鮮食品の洗浄・空気中へ散布して室内の除菌など幅広い用途で活用されています。
コストパフォーマンスも非常に高く、世間的にもコロナ禍で除菌や消毒に高い関心が集まっている中、ますますその有用性が注目されていくことでしょう。

●もっと知りたいMIOX●

マイオックス